マグネシウムと偏頭痛。

こちらでは、現代人の慢性疾患であり、マグネシウムの働きにより緩和される
「偏頭痛」の発生から症状まで詳しく紹介しています。

偏頭痛の発生について。

マグネシウムの効果でも簡単に説明していますが、脳内には多くの血管があり、血管の周辺には痛みを感じる神経が縦横無尽に走っています。
多くの血管性頭痛はこの網のような動脈血管が拡張する時に、周囲の神経を刺激することによって炎症を起こし頭痛が発生するのです。

偏頭痛のメカニズムとマグネシウムの関係。

偏頭痛の発生の原因となる物質にニコチンによく似たセロトニンと言うホルモンの一種があります。(血小板の中に存在しています。)
興奮した時にアドレナリンなどが分泌されるのと同様に、セロトニンはストレスによって分泌、増加します。

このセロトニンには血管を収縮させる作用があり血流を悪化させます。

血流が悪くなると、偏頭痛の前兆である目がキラキラしたり視野が狭くなるなどの症状が起こります。
その後、セロトニンは時間と共に分解され、収縮していた血管が元の状態に戻ろうする際に、血管の周辺の神経を刺激し偏頭痛が起こるのです。

マグネシウムには、この血管の収縮を抑える働きがありますので、偏頭痛対策に大事とされています。

頭痛の症状について。

一言に頭痛といっても様々な症状があり、大きく以下の様に分類できます。

偏頭痛。

マグネシウムの効果でも解説していますが、偏頭痛とは脳の頭部の血管が拡がり、炎症を起こして痛みが起こる症状のことです。
片側だけが痛むことがほとんどですが、両側が痛むこともあります。
ズキンズキンと脈打つような頭痛で、めまい、嘔吐、吐き気などを伴うこともあり、女性に多い頭痛と言われています。

群発頭痛。

群発頭痛は、目の奥がえぐられるような激痛に襲われ、主に1年の決まった時期、毎日の決まった時間帯に起こるのが特徴です。
発生のメカニズムについては、まだ明らかにされていませんが、偏頭痛と同じように頭部の血管の拡張が関わっていると考えられています。

緊張型頭痛。

緊張型頭痛は頭から肩や首にかけての筋肉が緊張したり、精神的なストレスが原因で起こりやすくなります。
デスクワークなどで肩こりが多い日本人には起こりやすいタイプの頭痛と言えます。

注意して下さい。

頭痛と勘違いされる疾病に、くも膜下出血や髄膜炎などがあります。
これらは生命に関係する疾病なので、急な頭痛の際には、ご自身で判断なさらずに医師や専門家に相談することをお勧めします。

・本サイトの利用は、トップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2008 マグネシウム.com. All Rights Reserved.